金融相場と業績相場

株の知識

今は金融相場!買い推奨!今負けてるやつ下手すぎ!とか言われたり言われなかったり・・・

株式市場には、「金融相場」と「業績相場」と言うものがある。
大きく分けるとこれに「逆金融相場」「逆業績相場」が加わる。

金融相場→業績相場→逆金融相場→逆業績相場→金融相場→・・・

とった感じで、循環している。

用語だけでは意味わからないので解説を行っていく。


金融相場とは
不景気の株高と言われ、不況であるにもかかわらず株価が上がっていく相場
なぜ、株価が上がっていくのか?これは現在が金融相場であるといわれているので想像がつきやすいだろう。

不景気では物が売れない→物が売れないと企業は事業拡大できない→事業拡大しないと金融機関からお金を借りない→お金を借りないと金融機関にお金が余る→お金が余ると金融機関は金利を下げてでも貸そうとする。もしくは余ったお金を株式市場に流し投資を行う→金利が下がると企業はお金を借りる

って感じです。

まとめると、不景気で行き場のない資金が株式市場に流れるから!という状況です。

他にも、国策として不景気を何とかしようとお金を刷るからとかの理由もあります。


業績相場とは
業績相場は言葉そのままの意味です。業績のいい企業の株価が上がっていく相場です。
金融相場の後に業績相場が来る理由は、金融相場により事業拡大を行った企業が株価の上昇や業績向上により、不景気から好景気に移っていく。このことにより企業の勝ち負けがはっきりし、上がる株は上がり、下がる株は下がるという相場になる。

まとめると、業績のいい企業の株価が上がっていく相場です。あ、これ書いてたわ


逆金融相場とは
金利が低いままでは、金融機関が儲かりません。そして金融相場、業績相場では企業が儲かってきているので、俺も俺もと金利を引き上げて金融機関が稼ごうとします。もしくはあまりにも世間が儲かってしまうと、物価が上がりインフレが加速しすぎてしまうことを懸念し、市場への引き締め政策を行う。これらのことで、市場へのお金の流入が減り、株価が下がっていく相場です。

まとめると、国「やっべ、ちょっと金回収しなきゃ」って感じです。だんだん雑になってきた。


逆業績相場とは
金利が上がり続けると、企業の体力が削られていきます。そして業績が良かった企業も決算がどんどん悪化していき、株価が下がり続けます。そうすると政府がこりゃいかんと政策金利の引き下げを行おうとします。この後が金融相場となって循環していきます。

まとめると、冬の時代ってことです。(まとめる意味ないな!)


そしてこれらの循環は、一つ一つが5年から10年の間で行われてきたと言われています。

金融相場ではいろいろな企業の株価が上がります。それなので投資家としては、基本的にはその流れに乗っていくのが正解なのではないでしょうか。

しかし相場の転換点なんて言うのは、過去から見たときは発生点を探れますが、現在に生きる我々が「これが相場の転換点だ!明日以降は業績相場になる!」なんてのは分からないわけです。

つまり現在の状態はある程度楽観視しつつも、心構えだけはしっかりと持って市場との折り合いをつけていくのが良いと考えます。

今日はこんな感じ!以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました