情報は鮮度が命であるということ

株の知識

情報ってなんや?情報とか言われても・・・でも情報は重要なんです!

情報を制する者が世界を制す。なんて昨今いろいろな言われ方があると思いますが、このようなこと一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

この一文に関して、投資の世界で誠に正しいと思います。

ファンダメンタル分析やテクニカル分析をいくらやったとしても、ある一つの事柄ですべてが吹っ飛んだ株価の値動きをすることがある。これは投資を始めている方であれば、誰しもが感じるのではないでしょうか。

例えて言うなら、TDOGとLVGOの合併であったり、TikTokのMSFT買収の話だったり、はたまたコロナショックだったり、サウジの原油価格だったり・・・枚挙に暇がありませんね。

つまりこれらの情報は発信された直後から株価は動き出し、異常に効率的に上下動します。そして普通の人?はこの上下動でアタフタし、時には爆益を上げ、時には人生を不意にしてしまう・・・。

情報の大切さはご理解いただけたでしょうか。投資をやるうえでTwitterがいかに便利で強力で必須であるかということも併せて記載しておきます。

そして、ここから別の事象もお話しします。

情報は鮮度が命であるということです。情報が出た時から動き始めるというのは上記の通りなのですが、情報は出た時から腐り始めるということを追加します。

情報が出たときに反応せず、一定時間を過ぎてからその情報に踊らされるとなると、その情報は既に腐っている可能性があります。腐った食べ物を食べればどうなるかは説明不要ですね。

スピードが命ということです。そしてその情報に乗れなかった場合、走っている車に乗り込むのは危険が伴う可能性があるということです。遅いタイミングから乗るくらいであれば、次のタイミングを待つという方法も一つあると思います。

出た情報が正しいかどうか信頼性があるかどうかも確認せねばなりません。騙された情報で動くということは、予想と全く逆の値動きをする可能性も出てきます。

信頼性のあるなしは、日々その発信者の情報を精査しなければなりません。精査し、その発信者の情報が正しい事が証明されてから、その発信者の情報を信頼するようにしてください。ただし、大半が2次情報であると思いますので、信じすぎも毒になることがあり得ます。

最終的には自己責任です!ただ、情報が投資をするうえで非常に重要ということが言いたかったのです!

知ってた!とか

今更!?とか

そんなことは気にしません

私の備忘録として書きたかったんです。

では異常!いや以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました