ESG投資はテンバガーの夢を見るか?

投資方法

ベッドわきの情調オルガンから、アラームが送ってきた・・・

あ、冗談です。

昨今、ちょいちょい話題に上がるESG投資と言うものについて記事として書いていく。

ESG投資とは何か

ESG投資とは、
環境(environment)、社会(social)、企業統治(governance)
に配慮している企業を重視・選別して行う投資

Environment:自然環境に配慮する様々な施策(例:CO2削減)
Social:従業員の健康や尊厳に配慮した職場環境の整備(例:女性の活躍推進)
Governance:ガバナンス(例:健全で透明性のある管理体制の構築)

投資と言うのは、企業の財務状況、業績を分析し、優良と判断した企業へ行うもの。
企業の財務情報を加味したうえで、更に企業側がESGに配慮しているかどうかを投資適格の基準に加える事がESG投資です。

CSR(企業の社会的責任)に似ていると感じる方もいらっしゃると思います。
私がそう感じました。実際似たような意味であると考えます。

明確に分けるならば、CSRは責任であるのに対し、ESGは配慮であることなのではないでしょうか。
つまり、企業側のより自主的な行動が求められるのがESGなのだと考えます。

ESG投資のメリットデメリット

メリット

  1. 長期投資に向いている
    新興のハイテク企業やFX等のボラティリティが高い、またはリスクリターンの高い投資先とは違い、ESGを主眼としている企業は目先の売上、成長だけではなく、自然・環境・労働条件・人権等の現在問題視されていることに自社が信念を持って取り組んでいる。
    その為、派手な値動きはないが、不祥事が起こりにくい企業体質であるため安定的に伸びていく企業であると言える。
  2. 社会貢献につながる
    ESGを目的の一つとしている企業に対し投資することで、その企業の後押しをすることができる。間接的ではあるが、環境等への支援をしていることになる。

デメリット

  1. 短期的なリターンは少ない
    社会問題等に取り組む企業が前提であるため、短期的な利益を得ようとすることが少ない。
    その為、大きな値動きは期待しづらく、大きなリターンを得るには時間を要する。
  2. 投資価値のある企業を探すのが大変
    投資すると言うことは、リターンを期待するのは当然です。ただしESG投資をしている上に成長しているという企業を探すとなると、条件が一つ追加されている分、時間や知識が必要になります。

ESG投資先を探す

ESGに関連した企業を個人で一つ一つ探していくのは大変です。
ESG指数と言うのがあり、ESG関連銘柄を評価している指標があります。
以下に記載しますので、ご参考までに。

  • ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・ワールド・インデックス(DJSI World)
  • モーニングスター社会的責任投資株価指数(MS-SRI)
  • MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数
  • SNAMサステナビリティ・インデックス

ETFとしては

  • 1498 One ETF ESG
  • 1653 ダイワ上場投信―MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数
  • 1652 ダイワ上場投信―MSCI日本株女性活躍指数
  • iシェアーズ MSCI 米国 ESG セレクト ETF
  • 等々あります。

善し悪しの判断はご自身でお願いします!

まとめ

ESG投資は今社会問題となっていることに対し、積極的に取り組んでいる企業に投資することになります。
世界的なトレンドの流れに乗ることになりますので、長期運用を行えば上昇していくことは難しくないのではないでしょうか。非常に時間はかかるでしょうがテンバガーもするかもしれません。
短期での上昇は難しいと考えます。加えて、銘柄の選定も難しいものになるでしょう。

社会貢献に投資している!と考え、長い目で見て行うならアリ。

と言う結論です。

以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました